オンライン診療(遠隔診療)について

原則は,当院通院歴がある方が対象です.その際,通院時に比べ診察料等は軽減されます.電話,ビデオ機器により診察,投薬が可能です.お支払いはクレジットカード,銀行振込,会計のみ来院等が可能です.ご希望の方は,診療時間内に電話でお申し込みください.

オンライン診療の方法

ご希望の方ははじめに電話でお申し込みください.受診日時を予約していただきます.

オンライン診療保険証の確認をさせていただきます.電話での確認,または当ホームページの「問い合わせ」より画像の送信をお願いいたします.併せて問診票にお答えください.

以上の準備の後,当院より電話をおかけいたします.投薬必要な際は,ご希望の薬局にfaxをお送りいたします.

オンライン診療(遠隔診療)のお支払いは,銀行振込,会計のみ来院,次回来院時まとめて会計が可能です.クレジットカードでのお支払いをご希望の方は,お支払い用のリンクを添付したメールをお送りいたしますので、手続きをお願いします.

遠隔診療を行っています

現在,コロナウィルス感染が広がっているため,臨時特例的に電話等による診療が認められています.当院でも電話により診察,投薬が可能です.原則は,当院通院歴がある方,慢性疾患等で定期通院されている方が対象です.その際,通院時に比べ診察料等は軽減されます.お支払いは銀行振込,会計のみ来院,次回来院時まとめて会計が可能です

国民健康保険特定健康診査及び横浜市健康診査中止について

横浜市国民健康保険特定健康診査及び横浜市健康診査は緊急事態宣言の期間中止しています.

コロナウィルスが広がっています

厚生労働省の4月7日集計で,感染者の34%は40歳未満です.若いから感染しても大丈夫という油断は禁物です.「密集」「密閉」「密接」の「3密」を避け,マスク着用など咳エチケット,外出時などアルコールジェル使用し手指の衛生を実行しましょう!

発熱されて来院さるる方は,別室に隔離させていただいております.(院内トリアージ)また,待合室で「密集」「密閉」「密接」の「3密」とならないよう配慮いたします.マスク着用など咳エチケットをお願いしております.

コロナウィルスの検査希望のかた(当院では検査できません)

風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方,倦怠感や息苦しさがある方, 高齢, 糖尿病,心不全,呼吸器疾患など基礎疾患がある方で発熱が2日以上続く方など,コロナウィルス感染が心配な方は,帰国者・接触者相談センターに電話でご相談ください.

◆帰国者・接触者相談センター
電話:045-664-7761対応時間:午前9時~午後9時(土日祝日を含む)
   045-664-7293対応時間:上記以外の時間

◆新型コロナウィルス感染症一般相談窓口

  • 横浜市新型コロナウィルスコールセンター

 電話:045-550-5530対応時間:午前9時~午後9時(土日祝日を含む)

  • 厚生労働省電話相談窓口

 電話:0120-565653対応時間:午前9時~午後9時(土日祝日を含む)

  • 神奈川県新型コロナウィルス相談ダイアル

 電話:045-285-0536対応時間:午前9時~午後9時(土日祝日を含む)

風しん対策について

国の定期接種としての対策

1962(昭和37)年4月2日~1979(昭和54)年4月1日生まれ(現在39~56歳)の男性に対し、全国で原則無料で 定期接種を実施中です.対象者にはクーポン券が配られ,①抗体検査を受けた後,②抗体価の低い人はワクチン接種を受けられます.

横浜市独自の風しん対策

横浜市では、以前から「横浜市風しん対策事業」として風しんの予防接種と抗体検査を実施しています。この事業を利用したことがない19歳以上の横浜市民で、
1 妊娠を希望されている女性(妊娠中は接種できません)
2 妊娠を希望されている女性のパートナー(婚姻関係は問いません)
3 妊婦のパートナー(婚姻関係は問いません)

1-3の対象者に対し,①抗体検査(無料)の上,ワクチン接種(3300円),②抗体検査しないで,ワクチン接種(3300円)を行います.

2つの方式では,抗体検査の基準が異なっています.国の基準では抗体価がHI法で16倍以上のときにはワクチン接種対象にはなりませんが,横浜市の方式では,16倍の方は対象に含まれます.横浜市の方が,より,ワクチン接種対象者を広げて,手厚い対応をしているということになります.

2019/10/1インフルエンザワクチン接種が始まります

横浜市高齢者インフルエンザワクチン接種(65歳以上),任意インフルエンザワクチン接種は,2019/10/1より開始になります

2019年冬の インフルエンザワクチン

 今冬のインフルエンザワクチン製造予定量は、約2,951万本(1mlを1本に換算)であり、これは平成28年度以降最も多い供給量とのこと.昨年のようなワクチン不足に翻弄されることはなさそうです.ワクチン接種は10月より予定しています

予約診療制を本年10月より順次終了致します

初・再診予約制を行って参りましたが,横浜市特定健診,横浜市健康診査,がん検診等の予約業務などに伴い,予約管理が煩雑となったため,電話を頂いても繋がりにくいなどご迷惑をおかけすることが多くなっています.このため,検診,一部の検査のみを予約制とし,診療は,予約制を廃止させていただきます.これに伴い,原則,来院された順番で診察させていただきます.ご迷惑をおかけいたしますが,何卒ご了承いただけますようお願い申し上げます.