B型肝炎ワクチン

生後2か月~3か月の間に27日以上の間隔で2回,1回目接種後、139日以上の間隔でもう1回(生後7か月~8か月)と1歳になるまでに合計3回接種するB型肝炎ワクチンですが,供給が不安定になっています.ワクチンにはビームゲンとヘプタバックスの2種類がありますが,交互に使用しても問題ありません.今後増産分順次供給されるとのことです.

なお,B型肝炎ワクチン供給不足に伴う,横浜市独自の,例外的取り扱いとして,1歳以上になっても通常の予診票でB型肝炎接種が受けられます。

対象者生年月日 平成30年4月2日~令和元年6月30日生まれ

接種特例期間  令和元年6月~令和3年6月30日